【I-AREAシリーズ】着工前の地縄張り現地確認を行いました!

IEYAの大人気賃貸住宅「I-AREA(アイエリア)」シリーズに新作が登場します!

2021年11月完成予定!場所は若林5丁目、最寄り駅は世田谷線【若林駅】になります。

これまで、IEYAとハウスメーカーさんとで内装や間取り等何度も打ち合わせを重ね、心を込めて作り上げた物件・・いよいよ着工です!

先日、着工前に行った【地縄張り】の現地確認をしてきました!

 

地縄張りとは?

地縄張りとは住宅の建築工事の初めに行うもので、建築予定地に縄を張って、設計図通りに建物の配置を決めていく作業のことです。

地縄張りは、今後の建設において基礎の位置がズレてしまったり傾いたりしてしまうことを防ぐために欠かせない工程で、職人さんの正確な技術も求められる非常に重要な作業なのです!

本日は地縄張りで決めた建物の位置や各メーターの位置・駐輪場など一つ一つのイメージをハウスメーカーさんや建築士さんと一緒に確認しました。

これより着工となり基礎工事等を行っていきます!

こちらの「I-AREA(アイエリア)」シリーズも社員みんなで住まわれるお客様の目線に立ち、外装・間取りや設備などの内装を考えましたので完成が楽しみです♪

建物が完成するまでの様子は随時ご紹介させていただきますので、お楽しみに!

I-AREAシリーズとは

I-AREAシリーズの賃貸物件を見る