賃貸物件のカギの種類について

よくお客様より鍵の種類について「何が違うの?」「どう違うの?」などご質問をいただきます。

一口に【鍵】といっても、鍵にはたくさんの種類があり、時代に合わせて進化してきているんです!

今回は主に住宅で使用されている鍵についてご紹介させていただきます。

日本の住宅で最も多く使用されていたのが両側がギザギザした形のディスクシリンダー錠。

主なメリットは、多少であれば鍵がすり減った場合や、鍵穴にホコリやチリなどが入っても使用できる点でしょう。

しかし、価格も安く簡単な構造になっているので、ピッキングされやすいというデメリットもあります。

一方、表面に丸いデコボコしたくぼみがあるのがディンプルシリンダー錠です。

ディスクシリンダー錠に比べると、価格は上がりますがピッキングにも強い作りになっているのがメリットです。

その他ですと最近の新しいマンション等には、カードキーを使っているところもあります。

防犯性も高くて持ち運びも楽というメリットがある反面、紛失した場合の再発行に手間がかかったり交換費用が高額というデメリットもあります。

また、最近では電子キーが導入されている物件もあり、こちらはカギ穴が開いていないので、ピッキングされる危険性も低いです。タイプもたくさんあり、指紋認証やICカード式の物、リモコンに対応している物や暗証番号を入力する物もあります。

いかがでしたでしょうか。

引っ越しの際にぜひ参考にしてみてください!

© 2021 IEYAの賃貸